なみへい的気ままな野菜生活
なみへい的気ままな野菜生活

福岡・九州の農家さん エリア別訪問記

柳川エリア

2011年

4月

27日

水田を利用して作られている福岡の夏の伝統野菜『蒲池大水芋』

葉は残念ながら食べられないのですが。。。

 

立派ですよねー

雨宿りできそうなくらい(笑)

 

この時期の背たけは私よりも小さいくらい(ちなみに、私の身長は165cm)

だけど、これからさらに大きくなるんですよーー→

今日は柳川エリアで蒲池大水芋の生産をされている横山さんの畑へ訪問してきました

 

初めて見る大水芋の圃場。

まるでジャングルのようでした

 

 

 

こんなに沢山の水芋が水田に植えられているのを見ると圧巻です!

 

私達が訪問したのは、8月頭だったので、まだ背丈は1メートルちょっとだったのですが、

1m60cmくらいまで成長するのだそう。

 

この芋茎の下には小芋がたくさんついていて、秋口くらいに収穫できるそうなんですが、この芋がまた茹でて食べると美味しいんだとか

博多の伝統を守り抜いている 横山さんご夫婦

 

とても素敵なご夫婦です

 

水芋をカットするのは、何と「竹ナイフ」

先は黒く塗ったわけではなく、使っているうちに色が黒く削れてきたのだそう。

 

何十年も年季が入った「匠の道具」です

 

1本1本、手作業で根元からカットしていくんですよー。

 

水田の中につかって腰をかがめての作業は、本当に労力のかかる事だと思います。

 

収穫された「大水芋」

 

昔は、水田の端に地域の人がそれぞれ自分の家用として栽培していた「大水芋」

 

今は、栽培している農家さんも少なくなってしまったそうです。

奥様に作っていただいた水芋のしょうが醤油和え

 

 

さっぱりしていて美味しかったーー

 

私もこの日、収穫されたばかりの水芋をいただいたのでさっそく料理に使ってみました

 

里芋の芋茎(ずいき)は一般的にシュウ酸を多く含んでいて、えぐ味が強いので調理するのが大変!

 

っとイメージがあるかもしれませんが、この大水芋は、比較的、アクやえぐ味が少なく皮を剥いてさっと茹でただけで使え、独特のしゃきしゃき感が楽しめるので、料理のアレンジはしやすいかも〜!

0 コメント

2011年

3月

04日

まだまだ可愛い空豆!

空豆生産者の松永さん

去年、築地で日本一と言われている空豆生産者の松永さんを初めて訪問させていただきました。

 

その時に、「今年は遅霜が来ると思わず、対策をしっかりしておかなかったから苗がやられてしまって、。。。。」とおっしゃっていたのがとても心に残って、今年は収穫前にも訪問したいと思っていました!

ということで、まだ苗の段階の空豆を見に松永さんのところへ!

空豆の花

空豆はこんな花を咲かせます~

キレイですよね。

空豆の実

この苗が生長するとこんなに立派な実をつけるんですよ~

 

←去年の様子

松永さんの空豆

 

←こちらも去年の写真

 

松永さんの空豆は、中の豆、一粒一粒が大きくてとっても立派!

さすが日本一と言われるだけの大粒揃いです。

まだまだ苗は私の膝丈くらいで小さかったんですが、すくすくと成長していました。(私の身長165cm)

去年は3月の末に寒の戻りがきてかなりダメージを受けてしまったそうで、今年は寒さにやられないように3月いっぱいはハウスの中で育てるそうです。

ただ、去年と違い、今年は1月2月が特に寒かったので、低温障害にやられてしまい、花芽がつかなくなってしまった苗もあるんだそうです

 

その中でも綺麗な花を咲かせた苗の花を摘果していました。

一つの節から花が4~5つつくけれど、全てを成長させてしまうと栄養が分散されて大きなソラマメにならないんだそうです。

 

もったいないけれど、品質の良いソラマメを作るためには仕方ないことだと松永さんはおっしゃっていました。

そして松永さんがまだまだ小さいけど、もうソラマメの形はちゃんと出来てるんだよーー

っと、摘果した花びらを剥いて、私に見せてくれました

花びらの中の空豆

←それがこれ

 

光にすかして黒い小さな丸い点々があるの見えますか~?

これ、ソラマメなんですよ~

これを教えていただいた時に、私は畑のど真ん中で思わず

 

『すごーーーーーーい 』

 

と感激しました!

で、

 

これを頂いて帰って、さらに中をさいてみました。

こうなると、もう生物の実験かも(笑)

 

←見てください。

緑のとーーーーっても小っこい豆が節についているのが見えますか~

 

私の指 と比較してどれだけちっこいかが分かりますよね

もうすでにソラマメの子供は出来ていたんですね。

でも。。。。私の欲求のため、中をさいてしまいごめんなさい

★ 野菜ソムリエワンポイント

空豆について

 

さやが天に向かって伸びることからその名がついたという「空豆」

原産地は北アフリカ。

 

「味も栄養も3日間」と言われるほど鮮度の高さが味わいを決める野菜です。

豆が空気に触れると急速に味や色が落ちるので、さやつきを買ってきてできるだけ早めに調理してくださいね!

 

たんぱく質や糖質などの豆の栄養と、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、カリウムやミネラルなどの野菜の栄養の両方をあわせもつ栄養満点の野菜なんです。

日頃の疲れやストレスの回復、胃腸の働きを整えたり、美肌効果も期待できます!

また貧血予防によい鉄などのミネラル類が豊富な野菜!

むいて食べがちな薄皮! ここには食物繊維や利尿作用のあるカリウムが豊富なので、皮ごと食べれば、便秘解消にも役立ちます。

0 コメント

2009年

8月

20日

福岡生まれの姫!いちじく『とよみつひめ』

[訪問日:2009年8月20日]

福岡県内で栽培している品種は「蓬莱柿」「桝井ドーフィン」「とよみつひめ」の3品種

 

中でも今回のお目当ては・・・

福岡県で3年前2006年に福岡県農業総合試験場で開発をスタートして、その年の8月に品種登録した「とよみつひめ」♪

福岡生まれの姫に会いにきちゃったのです

 

現在は、柳川エリアの他にも、宗像、筑前あさくら、豊築(豊前エリア)、にじ、八女、田川など県内23のエリアで栽培されていて栽培面積もじょじょに増えているんだそうです。

全国で福岡生まれの姫が普通に手に入る日も近いかもしれないですね

 

いちじくの豆知識

いちじくは聖書にも登場するとても古くから栽培されている果物の一つで、あのアダムとイヴが身につけていたものも、実はいちじくの葉だといわれているんだそう

↑この葉がそうなのかな?今度試してみようかなっ (^^)隠せるかな(笑)

イチジクって漢字では「無花果」と書くので、花の無い果実などと言われていますが・・・

 

実は、花はあるんですよ

 

春から初秋にかけて、実の中に白い花をつけてそのまま肥大するので、残念ながら外から花は見えないんです。

 

ある意味、恥ずかしがりやの果実なのかなっ。

その秘めた部分が私達をとりこにしてやまない理由なのかも

 

そして一日に一果づつ熟す事から「一熟」がなまって「イチジク」と言われるようになったとか。

 

露地モノのイチジクは今が最盛期。

そして毎日、熟すので、農家さんにとっては、毎日収穫するこの時期は本当に大変です。

 

 

 

さて、今回お邪魔した「とよみつの畑」

伺った8月頭は、まだ青く成長段階でした!

収穫間際だとこんなに真っ赤になるんですよ〜

イチジクの木はこんな風に木を横に伸ばして紐で固定して栽培するんだそう。

そうすると、一つ一つの実に太陽があたって糖度が増すのと、木の高さが背丈くらいしかないので収穫する時にしやすいのだとか。この方法は「一文字整枝」といいます。

 

1本の木におよそ400玉くらい実がつくそうなんですが、収穫はもちろん手作業。

 

そしてとても栄養価の高いイチジクですが、未熟なモノを食べると胃をいためてしまうので、

収穫する実を選ぶのにも技術が必要なんです。

 

収穫のコロを見るのも農家さんの仕事。

 

柳川のイチジク農家さんは60代~70代の方がほとんどだそうで、熟練の技を持つ方達ばかりだから、

柳川生まれの「とよみつひめ」にはハズレがないと評判なんだそうですよ。

と、いう事で、私も先日柳川から届いた「とよみつひめ」を頂きました

 

ちなみに・・・・ 

 

問題です

「とよみつひめ」と「ドーフィン」の食べ比べをしたのですが、どっちがとよみつでどっちがドーフィンか分かりますか?

中はこんな感じ~♪

 

左がとよみつひめ

右がドーフィン

 

とよみつ姫の方が、赤いつぶつぶ(これが花の部分なんですよ)が少なくて、果肉が黄色いのが分かりますか?

 

とよみつの方が、糖度が高く果肉が緻密な感じで、私好みの味わいでした

さっぱり味がお好きな方はドーフィンがいいかもしれませんね

     野菜ソムリエワンポイント

イチジクの栄養!

イチジクは不老長寿の果物と言われるほど栄養価や薬効がとても高い果物なんですよ

特に「ペクチン」という食物繊維を多く含んでいるため、腸の働きを活発して整腸作用を促したり美肌効果も高いので、女性の皆さんには是非とも食べて欲しい果物なんです

 

また「フィシン」というたんぱく質分解酵素が含まれていて消化作用を促進させるので、お酒を飲んだ後に食べると二日酔いになりにくい効果もあるんですよ~

今度からウコンではなくイチジクパワーを借りようかなっ

高血圧症や動脈硬化の予防、風邪の予防にも効果があるので、夏の疲れが出始めるこの時期には、

積極的に食べたい果物ですよね

 

まだまだあまり流通していない「とよみつひめ」

もしみかけたら是非ぜひ食べてみてくださいね~♪

 

きっと、食べた皆さん、姫のとりこになるハズ!!

1 コメント

北九州エリア

2011年

4月

27日

合馬のタケノコ

[訪問日:2011年4月 日]

北九州の春の味覚と言えば。。。

 

合馬のタケノコ!①取材

北九州っ子ならば即答のはず!!

 

先日、合馬のタケノコ生産者、多田弘幸さんのところへ取材をしてきました~。

今年の合馬は裏年で、モノが少ない上に、冬場の寒さが影響して、4月上旬だというのに

まだまだ奥底にタケノコは眠っているということ。

さらに、えさを求めて山から降りてきたいのししに「もうすぐ収穫!!」と思っていたモノを食べられる被害も!!


いのししは美味しいモノを見極めて食べるらしいので、それだけ美味しいたけのこだということですが、

人間が食べる分も残して欲しかった。。。

 

いのししよけにビニールをはって予防していましたよ!!

合馬のタケノコが全国有数のブランドタケノコになったのには、ちゃんと理由があるんです。

 

まず一つ目は、土!!

赤土で粘土質ということ。

 

粘土質なので、タケノコが土の中でゆっくりゆっくり成長し大きくなるので、地上へ出てくる間に、アクやエグミなどが少なくなるんだそう。

 

だから合馬のタケノコは生の刺身で食べられると言われるくらい、アクが少ないんですよね~。

 

しかもこの赤土は、4年に1回ほど入れ替えをするんだそうです。

やはりタケノコが地下茎から土の栄養を吸収して大きくなるため、土自体の栄養が少なくなってしまうのだそう。

だから地下茎より上の部分の土をいっせいに取り除き、総入れ替えするんだとか。

かなりの大規模な作業ですよね。

常に上質のタケノコを育てるためには、手間をおしんではいけないということなんです!!

 

さらに商品化されるほど綺麗な水も美味しいタケノコを作る土台となります!

タケノコはイネ科の植物なんですが、水が降るごとに成長する植物!

 

水も大事な成長要素なのです。

少しだけ地上で出ているタケノコを発見!

 

でも多田さん曰く、地上に出てしまっていると、商品としての価値が落ちてしまうので、土から出る一歩手前のモノをとるんだそう。

多田さんにここにあるよーーーっと言って掘ってもらったんですが、本当にあるのでビックリしました!!!

この二つのタケノコ。

 

商品価値として、どちらがランクが高いでしょうか?

分かりますか~?!

 

右のタケノコのがAランク

左はBランクなんです。

 

その違いは、タケノコの先端部分(トンボ)の色!!

 

黄色いタケノコは、土の中にある時に掘ったモノ

緑色のタケノコは、外に出てきてから掘ったモノ

 

外に出てきてから掘ったものは、外に出てきた時間が長ければ長いほど、外皮の部分が黒っぽく、トンボが緑色に変わり全体的に硬くなります。

アクやエグミも少し感じ方が違うのだそうです。

 

是非、お店でタケノコを買うときの目安にしてくださいね!!

そして土と同じく竹の年数がたつといいタケノコが育たなくなってしまうそうです。

 

だから、その翌年にどのあたりにタケノコを育てたいか計算しながら、竹にするタケノコを残しているんだそう。

 

★野菜ソムリエワンポイント

美味しいタケノコの選び方

    トンボ(タケノコの先端部分)が黄色いモノ

    表皮の色が薄い茶色で産毛が柔らかいもの

    ゆるやかなカーブを描いているもの

 

 

生産者の多田さん。

多田さんは、たけのこ農園とあとは関西向けの出荷のみ。

 

多田さんのたけのこを食べたいーー!という方は是非、多田たけのこ農園へ!

 

多田たけのこ農園

093-451-2310

1 コメント