なみへい的気ままな野菜生活
なみへい的気ままな野菜生活

女子力UP研究所

ゴボウレシピ

ごぼうを食用としているのは、日本と台湾、韓国くらい!

中国やヨーロッパの一部では利尿作用のある薬草としては扱われていたものの、ほとんどの国では食べられていません。

ある欧米の方が、日本で初めてごぼうの料理を見たときに、日本人は木の根っこを食べていると言ったほどとか。

 

一年中出回っているごぼう。春から初夏にかけてのごぼうは新ごぼうと呼ばれ、柔らかく香りがよいのが特徴!

 

食物繊維の含有量は野菜の中でも、トップクラス!

体内の有害な物質を排出しコレステロールの吸収を妨げる水溶性の食物繊維と、腸内で水分を含んでカサを増し、便秘を予防、改善する不溶性の食物繊維の両方を含みます!

腸内環境をととのえ、便秘や動脈硬化、ガンを予防する効果も!

2011年

6月

19日

ごぼうフライ

【材料】(二人分)

  • ごぼう 1本
  • 米粉  カップ1/3
  • 砂糖  小さじ1
  • 水    大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • サラダ油 適量

 

【作り方】

  1. ごぼうはたわしでよく洗って、5cmの長さに切って、縦6つ割りにし、水に5分さらして水気をふく。
  2. 米粉、砂糖、水、しょうゆはボウルに入れて混ぜておく。
  3. ごぼうを2にからめ、約170度の揚げ油に2~3本づつまとめて入れ、4~5分かけてじっくり揚げる。

 

【Point】

  • 味はついているので、何もつけず、そのまま食べられる。揚げている時に、しょうゆ入りの衣のため、早く色づいてしまうが、早く取り出さずにじっくり揚げること!
0 コメント

2011年

6月

19日

ゴボウバーグ

【材料】(二人分)

  • 新ごぼう 2本
  • 豚挽肉  約200g
  • 味噌だれ(みそ、砂糖、みりん各大さじ2)
  • 塩コショウ 少々
  • サラダ油 適量

 

【作り方】

  1. ごぼうは皮の周りをたわしで洗い、ささがきにして水にさらす。
  2. 挽肉の中に、ごぼうを入れ混ぜ合わせ塩コショウを振る。
  3. 適当な大きさに丸め、フライパンで焼く。
  4. 焼き色がついたら、仕上げに味噌だれを加え、全体に絡めて完成。

 

【Point】

  • 挽肉に混ぜ合わせる時に、なかなかごぼうが混ざらないことがあるので、 ささがきはなるべく細く小さく切るのがオススメ!
0 コメント

2011年

6月

19日

ゴボウの肉巻き

【材料】(二人分)

  • 新ごぼう 2本
  • 豚バラ肉150g
  • 甘だれ(しょうゆ、さとう、酒、みりん 大さじ2)
  • サラダ油 適量

 

【作り方】

  1. ごぼうはたわしで洗い、よく汚れを落とす。5cm幅にカットし、半分に切る。
  2. ごぼうで豚肉を包む。
  3. フライパンにサラダ油を入れ中火に熱し、肉を閉じている部分を下にして全体的に焼く。
  4. 全体に焼き色がついたら、調味料を全て加え、満遍なく味がしみこむようにコロコロまわす。

 

【Point】

  • 新ごぼうは、皮が薄いので皮は洗う程度で大丈夫!ごぼうの栄養は皮の周りにたくさん含まれているので皮ごとたべてくださいね~。
0 コメント